四日市医師会看護専門学校

  • アクセス
  • リンク
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

文字の大きさを変える

  • 小
  • 中
  • 大

先輩の声

本校を卒業し、それぞれ現場の第一線で活躍されている先輩の生の声をお伝えします。

三重県立総合医療センター勤務

福本晃平 三重県立総合医療センター

県立医療センターで働き始めて1年がたちました。
現場に出てからは覚えることが多く、日々勉強の毎日が続いていますが先輩方の指導もあり充実した毎日を送ることができています。
学生の頃、男子学生は少なかったですがクラス全体が仲良く、実習や試験前はみんなで励ましあい乗り越えてきたことを懐かしく感じます。授業や実習、人との関わりなど学生時代の経験や学びは看護の基礎の部分だと思います。みなさんもたくさんの経験を通してたくさんのことを学んでください。 実習、試験と大変な3年間だと思いますが頑張ってください。応援しています。


石田胃腸科病院勤務

留野智英 石田胃腸科病院

私は、四日市医師会看護専門学校で学び、第一期生として卒業しました。学校は1学年1クラスずつなので、クラスも学校全体もみんなが明るく、学校祭の時には先生方も出し物に一緒に参加してくださるなど仲が良く楽しい学校です。授業は現役の医師や看護師の方にも教えていただき、医療現場の今の様子が分かるだけではなく、実際の看護の様子なども教えていただきとても勉強になりました。
実習や国家試験の前などは、グループのメンバーや皆で勉強したり、分からないところや不安なところは先生に相談すると親身になって聞いてもらえ、安心して実習や国試に挑むことが出来ました。
毎日楽しく充実した学校生活を送れたからこそ、国家試験に合格することができました。みなさんも夢に向かってがんばってください。


鈴鹿回生病院勤務

村山小百合 鈴鹿回生病院

看護学校を卒業して鈴鹿回生病院の整形外科病棟で働き始め1年が経ちました。
最初は毎日が勉強の日々で、その日一日の業務をこなすのに精一杯だったため、自分が看護師として患者様に十分な看護ができているのか不安でした。しかし、少しずつ業務にも慣れ患者様の生活の質を向上できるように一歩踏み込んだ援助が行えるようになり、患者様から感謝の言葉を頂き、私も徐々にではあるものの少しずつ看護師として成長しているのではないかと実感してきています。看護師という業務はとても大変ではありますが、やりがいもあり、人と人とのつながりをとても大切にできる仕事だと感じています。これからもよりよい看護を提供できるように頑張っていこうと思います。


四日市社会保険病院勤務

久保貴子 四日市社会保険病院

私は、家庭もあり子供もいる看護学生でした。家庭と学校生活との両立は本当に大変でしたが、年齢を超えナースという同じ目標を持つ仲間同士での励まし合いにより、乗り越えることができました。また、年に数回先生との面談もあり、先生方から温かく支援いただきました。学校行事では、文化祭に子供を参加させることができ、一層子供からの理解を得ることができました。今振り返り、充実した貴重な三年間であったと思います。


主体会病院勤務

足立健一 主体会病院

実習や国家試験に向け、日々眠い目をこすりながら勉強していた事が懐かしく感じます。