四日市医師会看護専門学校

  • アクセス
  • リンク
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針

文字の大きさを変える

  • 小
  • 中
  • 大

教育課程

看護学のカリキュラムは「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野T」「専門分野U」「統合分野」の5領域から成り立っています。

基礎分野

「科学的思考の基礎」、「人間と生活、社会の理解」を教育内容の柱としています。科学的・理論的思考力及びコミュニケーション能力を高め、感性を磨き、自由で主体的な判断力と行動力が養える内容としています。また、人間と生活、社会を幅広く理解できるよう講義科目を設定しています。

専門基礎分野

「人体の構造と機能」「疾病の成り立ちと回復の促進」「健康支援と社会保障制度」を教育内容の柱としています。人体を系統立てて理解し、健康・疾病・障害に関する観察力、判断力を強化する内容にしています。また、人々が生涯を通じて、健康や障害の状態に応じて社会資源を活用できるように、必要な知識と基礎的な能力を養えるよう講義科目を設定しています。

専門分野I

「基礎看護学」を教育内容の柱としています。各看護学や在宅看護論の基盤となる基礎的理論や基礎的技術を学ぶ内容としています。また、看護師として倫理的な判断をするための基礎的能力を養う内容としています。

専門分野II

基礎分野、専門基礎分野、専門分野Tの学びをふまえ、各看護学における看護の対象及び目的、看護方法について学びます。また、臨地実習では、知識・技術を看護の実践の場面に適用し、看護の理論と実践を結びつけて理解できるようにしています。

統合分野

「在宅看護論」と「看護の統合と実践」を教育内容の柱としています。在宅看護論では地域で生活しながら療養する人々とその家族を理解し、在宅での看護の基礎を学ぶ内容とします。看護の統合と実践では、チーム医療及び他職種と協働の中で、看護師としてのメンバーシップ、及びリーダーシップ、看護マネジメント、医療安全、災害看護などの基礎的知識が理解できる内容としています。